人間にとって、その人生とは― 司馬遼太郎 氏 

人間にとって、その人生は作品である。
 -司馬遼太郎

あなたは自分の人生を生きていますか?

それは誰かが敷いたレールの上ではないですか?

 

自分で選んだ道を歩いていますか?

 

人生は一度きり。

 

約80年のあなたの「人生」という作品。

今はどのあたりを進んでいますか?

どんな登場人物がいますか?

 

そして、1年後である次のページには何が書いてあるでしょうか?

 

10ページ後にはどのようなことが起こっているでしょうか。

 

「人生思うようにいかない」と思うのならば、

「どんな人生がいいか」を具体的に書き出しましょう。

 

自分ストーリーを先に決めてしまうのです。

 

主人公はあなたしかいません。

 

そしてその作品の作家はあなただけです。

 

 

貴重なあなたの人生、他の人にペンを取らせますか?

 

自己実現の可能性

人間にとって、その人生は作品である

-司馬遼太郎

確かに、誰一人同じストーリーを持ってる訳でなく、

あなたの人生はあなたが船長です。

 

あなたが描く目的に向かって

どう舵を切るのか、どのくらいのスピードで進むのか

そしてどの航路を進むのか、それは全てあなたが舵を切るしかないのです。

 

それを振り返って見たときに

それは作品になってることでしょう!

 

だとしたら、あなたの人生を実現させるのに本当に必要なものは

目標ではなく、目的です。

 

そう、まずはゴールを決めることです。

ゴールを決めて、あなた自身の作品を作り上げましょう!

 

文責:うちむら

文章加筆:藤井

=========================

 

福引ご縁会申込

 

LINE@はじめました!友達登録よろしくお願いいたします! @fbb2144n





平成最後の夏!【BENKYOフェス】学び尽くせ!

 

BENKYOフェスでは、起業家・個人事業主向けに、商品設計・マーケティング・Web集客・ランディングページの創り方・クラウドファンディング・タイムマネジメントなど必ず役立てられるテーマを学び尽くせる期間限定のオンラインイベントです!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です