最強の自己紹介の作り方ステップ3【相手に届く・響く・伝わるキャッチフレーズを創る】

自己紹介 ステップ3

今回は、

「最強の自己紹介の作り方」のステップ2をお伝えします!!

 

ステップ3は、

【相手に届く・響く・伝わるキャッチフレーズを創る】

です。

 

ポイントはつですヽ(^o^)丿

・強い言葉を使う

・コンセプトを入れる

・相手の記憶と感情に残るキャッチーな言い回し

 

では、順を追って説明していきますね(^_-)

 

ポイント①:強い言葉を使う

強い言葉とは、相手にインパクトを与える言葉です。

例えば、「〜始めました」ではなく「始動」や、

「売っています」ではなく、「絶賛発売中!」といった具合です。

 

また、

ひらがなよりも漢字は目に留まりやすいですし、

普段漢字の言葉をカタカナにしてみるのも良いです!!

 

例えば、

たのしい→楽しい

出来る→デキる

 

一般的な使い方との違いで、相手の印象に残せます。

(ただし、口頭の場合はこのテクニックは使えません^^;)

 

 

ポイント②:コンセプトを入れる

あなた自身、またはあなたの商品やサービスのコンセプトとは、

誰のどんな役に立つのか??

・誰のどんな悩みや問題を解決できるのか?

・誰のどんな欲求を持たすことが出来るのか?

 

これらを端的に表しているモノになっていますか?

 

既に、ステップ1で出した「特長・強み」と「ベネフィット」が、

コンセプトの素材になっています!!

 

 

ポイント③:相手の記憶と感情に残るキャッチーな言い回し

ポイント②のコンセプトをわかりやすく表現することができるかで、

相手の記憶と感情に残るかが決まります!!

 

そのための下記のいずれかの「穴埋め式キャッチフレーズ」に、

ステップ1で出した「特長・強み」と「ベネフィット」を入れてみましょう!!

 

穴埋め式キャッチフレーズ

1.この(私 or 商品 or サービス)は、

   あなたの(どんな悩み or 欲求)を

  (たったこれだけの期間 or 回数 or 費用 or 手間)で

  (具体的にこれだけの成果)を約束します。

 

 2.この(私 or 商品 or サービス)は、

  (たったこれだけの期間 or 回数 or 費用 or 手間)で、

   あなたの(どんな悩み or 欲求)を

  (具体的にこれだけの成果)を約束します。 

 

 3.この(私 or 商品 or サービス)は、

   あなたの(どんな悩み or 欲求)を

  (具体的にこれだけの成果)を約束します。 

   しかも、(たったこれだけの期間 or 回数 or 費用 or 手間)で。 

 

 4.あなたの(どんな悩み or 欲求)を

  (たったこれだけの期間 or 回数 or 費用 or 手間)で

  (具体的にこれだけの成果)を約束できるのは、

  この(私 or 商品 or サービス)だけ。 

どのパターンでも良いのですが、

自分自身が一番しっくりくるものを使ってみましょう!

 

いずれも大切なのは具体的なこと(特に数字)

今回は以上です。

 

今までのステップのバックナンバーです!!!!

最強の自己紹介の作り方ステップ1 【特長・強み(専門性)から与えられる価値を見つける】

最強の自己紹介の作り方ステップ2【唯一無二の肩書きを創る】


自己紹介 ステップ3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です