効果が出る ランディングページ チェックポイント5:ユーザーニーズとマッチしているか?

ランディングページ ニーズ マッチ

ランディングページを制作するためのチェックポイント5です。

 

あなたのページを訪問してきたユーザーが欲しい情報と

あなたのページで提供している情報がマッチしているかで、

ユーザーがページを読み進めてくれるかを決めるから重要です。

 

効果が出るランディングページはユーザーニーズとページ情報がマッチしている

ユーザーが検索するキーワード(ニーズ)はバラバラです。

そのため、ランディングページをキーワードに合わせて複数枚用意するのもありです。

 

 

欲しい商品は同じでもニーズは違う

例えば、

湿布薬を欲しいと思っているユーザーが検索するとなると

「安い 湿布薬」

「捻挫 冷やす」

「湿布薬 ランキング」

などさまざなまニーズで湿布薬を検索します。

それに応じたランディングページがあると、ニーズがマッチするわけです。

 

 

ユーザーの流入経路とは?

・オーガニック検索のキーワード

・リスティング広告のキーワード

・リスティング広告のディスプレイネットワーク(テキスト)

・リスティング広告のディスプレイネットワーク(バナー)

・リマーケティング広告

・アフィリエイト広告

・純広告

・メルマガ広告

・Facebook広告

・DSP

など、様々な方法であなたのランディングページへ導く方法があります。

 

 

まとめ

Googleの評価としても、ユーザーが検索するキーワードに対して、

ユーザーが欲しい情報が掲載されているページを上位に表示します。

 

あなたが提供したい情報とユーザーが欲しい情報がマッチする

ランディングページを作ってください。

 

文責:福引ご縁会主宰 岸本雄平

 

ペラっと一枚ランディングページが作れるペライチを使って

IT知識ゼロでもプロ並みのホームページが作れるペラ子屋Advance

ペラ子屋 ペライチ 勉強会

ABOUTこの記事をかいた人

福引ご縁会主宰
Jr.アントレプレナーカレッジ学長
上場企業での13年間の会社員生活を2016年3月に終え、起業家として独立。一人一人の才能・強みを活かしたビジネスモデルを創造し、あなただからデキる夢中に成れる志事を持つ人を増やすために日々交流会、勉強会を開催し、学びあえる環境を作っています。