効果が出る ランディングページ チェックポイント4:競合と差別化されているか?

ランディングページ 差別化

ランディングページを制作するためのチェックポイント4です。

ランディングページは、第1印象で競合他社との違いがわかるものが良いです!

同じだと思われていては、他社のところへユーザーは移動していってしまいます。

 

効果が出るランディングページで競合との差別化の方法

実際にランディングページを作り始める前の話にはなってしまいますが、

検索に引っかかるキーワードを決めたら、そのキーワードで実際に検索をし、

検索上位に出てくる他の会社のページを調べてみましょう!

 

効果が出るランディングページで競合との差別化のポイント

競合と差別化するためのポイントは、

ファーストビューです。

 

最初に訪問者が見て、同じかどうかを判断するからです。

ファーストビューを差別化しましょう!!!!

 

次に、構成とデザイン、レイアウト、コピーと細かい部分をチェック。

 

効果が出るランディングページは第三者がみても問題がない?

自分でランディングページを作っているとその商品サービスのことをよく理解していくので

「この商品はスゴイ!」

「このサービスは受けたい!」

となってくることでしょう。そうすると正しい判断が難しくなります。

 

なので、商品サービスのことを知らない第三者にみてもらいましょう!

 

 

まとめ

効果の出るランディングページでは、競合との差別化がしっかりされています!

他との違いがハッキリしていないと、Web上では特に他社と比較されます。

 

第三者の意見も聞きつつ、差別化のポイントを抑えたページを作りましょう!!

 

 

 

文責:福引ご縁会主宰 岸本雄平

 

ペラっと一枚ランディングページが作れるペライチを使って

IT知識ゼロでもプロ並みのホームページが作れるペラ子屋Advance

ペラ子屋 ペライチ 勉強会

ABOUTこの記事をかいた人

福引ご縁会主宰 Jr.アントレプレナーカレッジ学長 上場企業での13年間の会社員生活を2016年3月に終え、起業家として独立。一人一人の才能・強みを活かしたビジネスモデルを創造し、あなただからデキる夢中に成れる志事を持つ人を増やすために日々交流会、勉強会を開催し、学びあえる環境を作っています。