「 リーン・スタートアップ 」とは

リーン・スタートアップ

 

数年前、米シリコンバレーで生まれた
「リーン・スタートアップ 」。

 

起業しても0.3%しか生き残れないと言われるベンチャーの聖地、シリコンバレー。

 

「低い成功率をいかに上げるか」、その課題から生まれた
「無駄のない(リーン)起業(スタートアップ)」である。

 

新規の事業を立ち上げる際に初期投資を抑え、
事業を少数の顧客で試用し、フィードバックをもらう。
事業に可能性が見いだせなければ次の事業を考え、
可能性があるのであれば継続し改善をしていく。
トライ&エラーを繰り返し事業を進めるのだ。

 

万が一事業が頓挫しても、傷が浅いので、次の事業に変換しやすい。
初めて起業をする際には有用な理論であるといえる。

起業をするとき、完璧を最初から目指すあまり、
自分のアタマだけでひたすら練ってはいないだろうか。
自分のアタマから出来た事業。
それは、果たして社会のニーズとマッチしているだろうか。

 

自分の中で完璧を目指すのではなく、社会に需要のある事業を完成させるのを目指してほしい。

 

それには、まず動くこと。

 

文責:うちむら

 

=========================
あなたのアタマの中を、福引ご縁会でアウトプットしてみよう。

福引ご縁会申込

LINE@はじめました!友達登録よろしくお願いいたします! @fbb2144n