移住女子と島民の挑戦!新潟県の小さな離島粟島にゲストハウスを

ご縁会スタッフ クラウドファンディング認定アドバイザーの津田聡です。

クラウドファンディングの成功事例をお届けします!

今回は、人口370人、全周21km程の新潟県の先日本海に浮かぶ小さな離島「粟島」にこの夏!

訪れる人同士を結ぶゲストハウス「おむすびのいえ」を作るプロジェクトを紹介したいと思います。

 

粟島ってどんな場所?

起案者の青柳さんは、5年前、慌ただしい毎日の中で

「自分」というものを必死に探していたときに、ふと粟島に足を踏み入れました。

このとき、はじめて粟島を訪れたのですが、民宿のお母さんが散歩から帰った私に、

できたての笹団子を食べさせてくれたりと、人の温かさに触れ、心から満たされ、

『ここで暮らしたい!』と強く思うようになりました。

 

その後、島に移住し、畑や漁の手伝い・民宿手伝いなど様々な場で、多くの島民の方と知り合うことができました。

じつは、ここ粟島は少子高齢化が激しく進み、75歳以上が人口の3割を占めています。

さらに島に高校はなく、子どもたちは一度島を出て、島外の高校に通うようになります。

若者の島外への流出が増えているのです。しかし、この島には大自然や人の温かさといった魅力が詰まっています。

そこで「この島に島外からも人が集まることができる場所を作りたい!」と考え、

今回プロジェクトを企画しました。

 

なぜ、資金調達に成功したのか?

 

このプロジェクトは、目標金額1,500,000円のところ、達成額2,169,000円で達成することが出来ました。

私は、この案件が資金調達できた要因としては、

レターが簡潔にまとめられており分かりやすいことが挙げられます。

起案者の想いから粟島の現状、魅力が詰まっているページですごく温かみを感じました。

 

私は、富山県出身なのですが、お隣の新潟県にこのような島があることを知らなかったので

新たな日本の魅力を発見した気持ちになりました。

クラウドファンディングでPRして観光産業に力を入れるきっかけになった案件の一つです!

 

クラウドファンディング企画 10点満点中 9点!!

 

▼ 移住女子と島民の挑戦!新潟県の小さな離島粟島にゲストハウスを

      プロジェクト詳細⇒https://readyfor.jp/projects/omusubinoie