クラウドファンディング失敗事例!国東半島が楽しめる、ご当地手帖をつくりたい!

ご縁会スタッフ クラウドファンディング認定アドバイザーの津田聡です。

クラウドファンディングの失敗事例をお届けします!半島外から地域おこし協力隊として移住してきた私たち。

国東半島への愛が勢い余って、お祭りや寺社、観光名所等の情報を1冊にまとめた2018年度版のご当地手帖を作りたいと思っています。

地元で暮らす方、今は故郷を遠く離れている方へ(旅のお伴にも!)ページをめくる度に

国東半島の魅力を感じる日々をお届けするプロジェクトを紹介したいと思います。 

なぜ、プロジェクトを行なおうと思ったのか?

京都出身の松澤京子ちゃんが、「京都手帳」という可愛い手帳を使っていました。

京都で行われる様々なお祭りが載っていて、京都の地図や寺社一覧、

おすすめの季節のお土産まで載っている、京都ファンにはたまらないであろう手帳です。

これを見たときに、「国東半島にもこんな手帳があったらいいのにね!」と盛り上がりました。

 

国東半島にはじめて来たとき、自治体が分かれていることもあって、情報を集めるのに苦労しました。

たとえば、電車がないことは早々にわかりましたが、バスだけで移動できるのか。

それとも、レンタカーが必要なのか。(今なら車が必須だとわかります。)バス会社も複数あって、それだけのことを調べるのも大変でした。

また「六郷満山」「お接待」など、独自の風習があまりにも普通に存在していて、観光をしていて説明が足りないと感じることもありました。

 

国東半島内の情報が詰まっていて、国東を楽しむために最低限知っておきたい基礎知識もまとまった手帳があったらいいな。

そこから、じゃあ、作ってしまおう!という話になり、国東半島手帖プロジェクトが始まりました。

なぜ、失敗してしまったのか?

 

コチラのプロジェクトは、目標金額800,000円のところを支援金66,000円達成率6%となっています!

 

このプロジェクトが目標金額を集められなかった理由として、国東半島にあまり魅力を感じなかったのが挙げられます( ;∀;)

 

国東半島の魅力をもっと伝えて欲しかったと思いました( ・´-・`)

リターン品で国東半島の名産品や大分は温泉県なので温泉の入浴券とかもあってよかったと思いました!(^^)!

 

大分県は、東京から飛行機で1時間半で行けるくらい九州で一番近い県なので、近い将来行きたい県の一つです(^_-)-☆

 

クラウドファンディング企画 10点満点中 1点!!

▼  国東半島の「暮らし」「旅」がもっともっと!楽しめる、ご当地手帖をつくりたい!

    プロジェクト詳細⇒https://camp-fire.jp/projects/view/38195