クラウドファンディング失敗事例!月元映里監督映画 奇跡のクリスマス

ご縁会スタッフ クラウドファンディング認定アドバイザーの津田聡です
クラウドファンディングの事例をお届けします!監督、脚本撮影制作の月元映里です。

長編映画2本合計3時間映画を製作中。低予算でリハ撮影皆様のご協力と共に力を入れ頑張って参りました。

編集中でBGM音の仕上げチラシMAカラー、劇場公開や映画祭出品へ向け、

かなり予算が必要で質をできるだけ上げ完成目指し感動を届けたいです。どうぞご協力宜しくお願い致します。

なぜ、プロジェクトを行なおうと思ったのか?

映画、奇跡のクリスマスのpart1 と

part2 虹の橋をかけぬけて の長編映画2本、合計で3時間尺の映画の完成に向けまして、

予算が結構かかる音の大事なMAや音楽、カラーの仕上げの向上、チラシ、劇場公開費用や、 映画祭への出品費用等が更に必要になっております。

 

その他例えば映画祭に入選した場合、 映画祭により上映の規定のDCPの携帯にデータを変換費用( 2時間尺でも約2、30万以上位かかる映画祭が結構あるとの事)です。

 

特に最後の今からの音の整備MA仕上げ作業でどれだけ予算がかけられるかにより、雑音や台詞、音声の質やクリアな大きさや出来が大幅に変わってレベルアップして参ります。

 

映画で例え映像や演技やストーリーが良くても、お客様から一番気づかれやすいのが音の質や雑音、大きさなどでございますので、尺が長い分、音のMAだけでも3時間の2本だけでも、安くても30万から50万以上はかかると思われます。

他にもチラシで、6万以上や、BGMも尺が長いので全てで10万以上あたりなど。

映画のカラーグラデーションも専門家の力をかりますと結構お値段がかかるようでございます。

 

そのため今完成に向けて質を高めるため、さらなる費用がかかるので、

クラウドファンディングで是非、 皆様の温かいご協力をいただけましたら非常に嬉しく幸いと思って おります。

何卒皆様のあたたかいご協力がございますと、完成に向けて質のレベルアップに大変励みになります。

プロジェクトの特徴

 

コチラのプロジェクトは、目標金額800,000円に対して支援金63,000円パトロン数7人となっています!

 

予告映像を見たのですが、全然そそられなかったので作り込みが必要だと感じました(‘’Д’’)

また、あらすじを教えて欲しいと思いました( ;∀;)

 

私は、映画を観るのがとても好きなのですが、制作している人は凄いなと感じています!(^^)!

 

脚本書いたり構成を練ったり、1つの作品を作り上げる大変さを知ったプロジェクトでした!!

▼  月元映里監督映画 奇跡のクリスマス 完成度高め劇場公開に向けご支援お願い致します

     https://camp-fire.jp/projects/view/43273