お客様が読みやすい文章の3つのポイント

お客様が読みやすい文章の3つのポイント

お客様が読みやすく、続きをどんどんと読みたくなる文章で

お客様の行動を引き起こす文章を目指したいですよね。

 

そのための文章構成のオススメをお伝えします!

 

What(なんなの?)

商品サービスの内容や結論を最初に伝えます。

伝える文章のポイントとして、

  1. 顧客メリットが入っているか
  2. シンプルな文章か
  3. すぐに理解できるものか
  4. 続きが読みたくなる文章か

 

Why×3つ

お客様が買うべき理由を伝えます。

この理由をどのように書くのかのポイントは、

  1. 結論に対する根拠を3つにまとめる
  2. 根拠や理由は2つ以下だと少なく、5つ以上だと多すぎて混乱する
  3. Whatのサポートとしての理由・根拠を書く
  4. 誰に対してどんなメリットがあるのかを書く

これが不足するとお客様のアクションの動機付けができない

 

How

具体的なアクションを引き起こす方法や手段を伝えます。

その方法を書くポイントは、

  1. 目立っているか
  2. 詳しく書いているか
  3. たくさん書いているか
  4. 行動のステップを書いているか

詳しくとは、電話番号やお問い合わせフォーム、メールアドレスといった

お客様が行動知るための方法をたくさん書いているかです。

 

まとめ

いかがでしたか?

WHAT→WHY→HOW

この順番は人が理解しやすい文章構成です。

ぜひ、意識して書いてみてくださいね(^_-)

 

文責:福引ご縁会主宰 岸本雄平

 

このラインディングページも参考にしてみてください。

Qtech実践会

ABOUTこの記事をかいた人

福引ご縁会主宰
Jr.アントレプレナーカレッジ学長
上場企業での13年間の会社員生活を2016年3月に終え、起業家として独立。一人一人の才能・強みを活かしたビジネスモデルを創造し、あなただからデキる夢中に成れる志事を持つ人を増やすために日々交流会、勉強会を開催し、学びあえる環境を作っています。